「農家」のことが好きという人もいれば、嫌いな人もいると思う。なにも思わない人も。あなたにとっての「フライドチキン」はどうなんだろう?

雲が多い祝日の明け方に焼酎を

笑うミュージシャンは悪魔じゃない


HOME



目を閉じて自転車をこぐ友達と枯れた森


山梨は果物の郷と言われているほど果物生産が盛んだ。
日本でも珍しい海に面していない県で背の高い山々に囲まれている。
それにより、漁もできなければ稲作も全然盛んではない。
そこで、甲斐の国を治めた殿様、柳沢吉が果物の栽培を推進したのだ。
他の県よりも有名な優れた名産が経済を潤すと考えたのだろう。
甲府盆地の水はけのよさと、山国ならではの昼夜の温度の差は美味しい果物を生み出す。

目を閉じて叫ぶ母さんと私
大物司会者が引退記者会見するので、TVでふんだんに報道しているが、とてもすごい!!。
次の国の首相がどのような人になるかという話より報道では順番が先ですからね。
誰が代表になろうが変化しないと思う方も大変いますし、それよりは大物お笑い芸人が芸能界をいきなり引退というほうが影響がでそうなんですかね。

怒って熱弁する君と暑い日差し


お願いされて、知り合いの所有地の竹の切り倒しを助太刀していたけれど、しかし、太い竹がたいそうひしめいていて苦しかった。
知人が土地の管理を父親から受け継いだら、竹が密になっていて、どこから手を入れていいかわからない状態だったそうだ。
私たちは、業務で利用する新しい竹が手に入れたかったので、いただけるとなり、ちょうど良かったが、うじゃうじゃ竹が生えた里山から出すのもひどかった。

笑顔で熱弁するあなたとあられ雲
オフィスで関わった女性がいる。
変わったイメージで、彼女の話はどれも興味深かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
幼稚園教諭の免許、スキューバーの資格、小型船舶の免許。
観光英語検定1級、フランス語検定2級、元スチュワーデス。
公認会計士も取得していると噂。
さすがにこのことを友人に話してみたところ、あなたの勘違いもあり得ると思う、など言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の部長と職場結婚で寿退社していった。

風の強い休日の深夜にカクテルを


物語を読むことは趣味だけど全部というわけではない。
わたしは、江國香織さんの作品に凄く惹かれる。
もう何年も同じ本を読んでいるほどだ。
主人公の梨果は、8年付き合った恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、その原因となった華子とルームシェアするようになるという奇抜な小説だ。
ラストは衝撃で、大胆な形だがそれを知ったうえで内容を思い出すと「確かに、そうなるかもしれないな」という感じがする。
それに、ワードチョイスや登場するミュージック、物など、センスが良い。
主人公がミリンダを飲むと、読者も飲みたくなるように書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽が出れば同じようにCDをかけてしまう。
ワードチョイスの方法がうまいのだろう。
他にも、悲しい美しさだと思った…という文がどこから飛び出してくるのだろう。
物の表し方に惹かれ、夜遅くに何回もおなじ江國香織の作品を読んでしまう。
お気に入りの本との夜の時間が夜更かしの発端なんだと思う。

雹が降った週末の朝に昔を懐かしむ
何年か前の夏、クーラーの効いた部屋の中で冷たいドリンクをしょっちゅう飲んでいた。
私はよく熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが必要だと思いついたから。
乾燥した部屋の中で、キャミソール、それにミリンダにハーゲンダッツなどなど。
だから、快適に過ごせたと実感していた猛暑対策。
秋が過ぎ、その年の冬に、いつもよりさらに冷えを感じることが増加した。
外に出る業務が多かったこともあるが、寒くて買い物にすら出れないという事態。
なので、たぶん、真夏の生活は真冬の体調管理にもつながると考えられる。
充分に栄養を摂取し、偏りのない食生活を心がけるのが一番だと思う。

雹が降った祝日の晩に熱燗を


末端冷え性になってからは、ちょっとだけしんどいけれど、やはり寒い時期がいとおしい。
外の空気が乾燥しているので、カラリとした匂い、プラス、暖房器具の温もり。
真冬の日差しって優雅な気がするし、一眼を持って行った、夜の海岸も美しい。
季節感を出したかったら、一眼もGOODだけれどトイカメで気持ちよく撮りまくる方がそこそこ良い感じのSHOTが見つかる。

蒸し暑い祝日の昼は歩いてみる
ちかこと天神のアバクロンビー&フィッチに入店した。
本当にアバクロのセレブっぽいコーデが気に入っている。
また、店内の空間デザインと、香水の匂いが。
3時間くらいみて、アバクロンビー&フィッチを後にした。
すると、私が通路を占領して歩いていたので、すみません!と言って振り返った。
見たら、店にいたお兄さん。
笑顔で、いいえ、など言っていた。
注目したのは、彼の荷物。
アバクロンビーでどれだけ購入したの?と聞きたくなった。
そして、スターバックスでちかことそのお兄さんの収入予測で話が弾んだ。
ANSWERは謎のままだ。

雪の降る日曜の午前に立ちっぱなしで


北方さんの水滸伝の人間味あふれていて凛々しい登場キャラクターが、原作の水滸伝の108人になぞらえて、目立った人物が108人でてくるが、敵方、政府側の登場人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
キャラクターに人間くさいもろさが見えるのもまた、われを忘れるほどはまっていたわけだ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に能う限り 腐心しているのが読みとおしていて熱中する。
読みとおしていて楽しい。
それでも、心ひかれる登場キャラクターが悲しい目にあったり、希望がやぶれていく話も胸にひびくものがあるからひきつけられる小説だ。

のめり込んで体操する姉妹とオレ
夏はビールがとってもおいしいけれど、最近そんなには飲まなくなった。
昔は、いくらでも飲めたのに、年をとって次の日にアルコールが残るようになって少ししか飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時はものすごくあこがれ、行くことがとても楽しみだったけれど、仕事の関係で嫌というほど行って、俺の心の中では、現在、印象が悪い。
けれど、取引会社との付き合いの関わりですごく久しぶりにビアガーデンに行った。
すごく久しぶりにおいしかったけれど、調子にのってとてもアルコールを飲みすぎて、やっぱり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。




Copyright (c) 2015 笑うミュージシャンは悪魔じゃない All rights reserved.

▲TOP